毎日の健康維持や栄養不足解消の手助けとなる青汁。
食事だけでは補いきれない栄養素を豊富に含みその手軽さからも人気があります。
最近ではたくさんの商品がありどれを選んでいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
今回はamazonやヤフーショッピングなどのショッピングサイトで売れ行きの良い青汁上位3つをピックアップしてまとめました。
毎日飲み続けるからこそ自分に合った青汁をぜひ見つけてみてくださいね。

各ショッピングサイトの売れ筋ランキング

amazonの売れ筋TOP3

青汁のめぐり(30包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉エキス末・明日葉・抹茶・煎茶 なし 24kcal


公式価格 amazon価格 1杯あたり価格 ブランド
2,000円(税別) 1,175円(税別) 約39円 ヤクルトヘルスフーズ

ヤクルト独自のオリゴ糖を配合することで、苦味が苦手の方でも飲みやすく改良がされています。

また抹茶や煎茶も一緒に配合しているので、青汁特有の青臭さが軽減されています。

amazonでは公式価格の半額以下で購入でき送料無料です。

私の青汁(60包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉エキス末(国産) なし 12kcal


公式価格 amazon価格 1杯あたり価格 ブランド
2,500円(税別) 1,670円(税別) 約21円 ヤクルトヘルスフーズ

amazonランキング1位の青汁のめぐりと同メーカーのヤクルトの商品がランクインしていました。

公式価格の66.8%OFFの価格で販売されていました。

原材料は国産にこだわっており、大分県の契約農家が農薬や化学肥料を使わずに育てた大麦若葉のみを使用しています。

同メーカーの青汁のめぐりと比べると甘味の成分は含まれていません。

青汁本来の味で栄養補給したい方におすすめです。

大麦若葉粉末100%(44包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉粉末 なし 9kcal


公式価格 amazon価格 1杯あたり価格 ブランド
2,800円(税別) 972円(税別) 約22円 山本漢方製薬

原材料は無添加・無農薬栽培と安心と安全において徹底された自社工場で製造されています。

原材料には大麦若葉粉末のみと、まさに100%本物の青汁です。

amazonでは1,000円以下で購入できるのでお財布にも優しいですね。

yahooショッピングの売れ筋TOP3

有機大麦若葉100%青汁(230g)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 有機大麦若葉末 なし 8.5kcal


公式価格 yahoo価格 1杯あたり価格 ブランド
891円(税別) 約12円 バイオフーズインターナショナル

229種類の残留農薬検査を受けた安心安産にこだわった青汁です。

原材料は100%有機大麦若葉を使用しています。

230gと大容量で1,000円以下で購入できるコスパの良さからも人気があります。

国産乳酸菌青汁


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉粉末(鹿児島県産) なし 9.8kcal


公式価格 yahoo価格 1杯あたり価格 ブランド
907円(税別) 約14円

1包に乳酸菌が100億個と555mgの食物繊維が配合されています。

野菜不足のサポート加え体の中からスッキリをサポートします。

テレビや広告を出さずに宣伝費用をかけないことで手ごろな価格で購入できます。

プラセンタ入り輝きの青汁(30包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
顆粒 大麦若葉・ケール末・抹茶・ゴーヤ なし 11.64kcal


公式価格 amazon価格 1杯あたり価格 ブランド
1,298円(税別) 約43円 シードコムス

九州産大麦若葉の他に4種類のケールや抹茶、ゴーヤで野菜不足をサポートします。

毎日の野菜不足のサポートに加えてプラセンタや乳酸菌などの美容に嬉しい成分も配合しています。

残留農薬の検査も行っており安全面にもこだわっています。

楽天市場の売れ筋TOP3

青汁のめぐり(30包×3箱)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉エキス末 なし 24kcal


公式価格 楽手市場価格 1杯あたり価格 ブランド
2,000円(税別) 1,171円(税別) 約39円 ヤクルトヘルスフーズ

楽天市場では3箱のまとめ売りが一番売れていました。

3箱セットで3,512円(税抜)なのでお値打ちに購入できます。

家族みんなで飲みたいという方にもまとめ売りはおすすめです。

もぎたて青汁(30包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉粉末・ケール末・抹茶末・ゴーヤ末 なし 11.28kcal


公式価格 楽手市場価格 1杯あたり価格 ブランド
1,413円(税別) 1,413円(税別) 約47円 くまもと風土

もぎたて青汁を販売する、くまもと風土は楽天市場のベストショップに何度も選ばれている実績のある販売店です。

青汁の原材料である大麦若葉は栄養価の高いうちに加工処理がされています。

コラーゲンやプラセンタなど7種類の美容成分を配合しているのも嬉しいポイントです。

プラセンタ入り輝きの青汁(30包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
顆粒 大麦若葉・ケール末・抹茶・ゴーヤ なし 11.64kcal


公式価格 楽手市場価格 1杯あたり価格 ブランド
1,298円(税別) 約43円 シードコムス

毎日の野菜不足の補助に加えて美容にも嬉しい成分を含んだ青汁です。

毎日飲み続けるからこそ安心面安全面にこだわって作られています。

ヤフーショッピングと同価格で販売されていました。

LOHACOの売れ筋TOP3

青汁のめぐり(30包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉粉エキス末 なし 24kcal


公式価格 楽手市場価格 1杯あたり価格 ブランド
2,000円(税別) 1,174円(税別) 約39円(税別) ヤクルトヘルスフーズ
アマゾン、楽天市場でもランクインしていた青汁のめぐりの価格帯はそれほど差がありませんでした。
ロハコは配送が早く、ポイント付与率が高いのが特徴です。
ロハコで別の商品を注文した際も荷物をひとまとめにして配送してくれる使い勝手の良さも魅力です。
自然の極み青汁(50包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉末・ケール末・明日葉末・ゴーヤ末 なし 9.33kcal


公式価格 LOHACO価格 1杯あたり価格 ブランド
907円(税別) 約18円 新日配薬品

4種類の九州産の野菜を配合し、日々の野菜不足をサポートします。

50包入って1,000円以下とお手頃な価格も魅力です。

毎日1杯の青汁 すっきり無糖(1箱24本入り)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
液体 大麦若葉粉末・ケール汁・ブロッコリー汁・緑茶粉末 なし 16kcal


公式価格 LOHACO価格 1パックあたり価格 ブランド
2,400円(税別) 1,745円(税別) 約73円 伊藤園

外出先でも持ち運びがしやすい紙パック仕様になっています。

独特の青臭さがある青汁原料に緑茶粉末を配合することですっきり飲みやすくなっています。

また体に嬉しい食物繊維やビタミンEが摂取できる栄養機能食品です。

価格.comの売れ筋TOP3

私の青汁


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉エキス末(国産) なし 12kcal


公式価格 価格.com価格 1杯あたり価格 ブランド
2,500円(税別) 1,409円(税別) 約23円 ヤクルトヘルスフーズ
価格.comではamazonでも2位にランクインしていた私の青汁が1位でした。
価格はamazonよりも200円ほど安く販売されていました。
まろやかケール(60包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 ケールエキス末(国産) なし 14.5kcal


公式価格 価格.com価格 1杯あたり価格 ブランド
4,000円(税別) 2,200円(税別) 約37円 ヤクルトヘルスフーズ
国産ケールを使った青汁です。
朝摘みしたケールを新鮮なうちに工場に運び加工されています。
極力熱を加えずに粉末化することで鮮度と品質が保たれています。
大麦若葉粉末100%(44包)


形状 主原材料 添加物 1杯あたりカロリー
粉末 大麦若葉粉末/td>

なし 9kcal


公式価格 価格.com価格 1杯あたり価格 ブランド
2,800円(税別) 886円(税別) 約20円 山本漢方製薬
原材料は大麦若葉のみと余計なものは入れず、青汁本来の味や栄養を補給します。
超微粒粉末されているのでダマになりにくくお水にも溶けます。

青汁はダイエットにも利用できます。しかし、たくさんの商品があり過ぎて、どれを選んだらよいのか分かりません。

このページでは、アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどのショッピングサイトで、売上の多い青汁のランキングを調査しました。ピックアップした商品の中から、最もおすすめできる青汁をランキングにしてみました。

青汁は、青臭さや苦みが受け入れられないという方が殆どです。代表的な健康食品ですが、最近では果物を使用したジュース感覚の青汁も多くあります。味や風味も良く、美容にも嬉しい成分が入っています。青汁を選ぶうえでチェックして頂きたいのは以下の4点です。

青汁は、緑色の葉野菜を主原料としています。大麦若葉、ケール、明日葉です。最近ではクマザサや桑の葉を使用した青汁もあります。むしろ、葉野菜が使われていなければ、青汁と呼べません。例えフルーツ青汁であっても、葉野菜が使われているかチェックしてください。

現代人は野菜不足です。厚生労働省では、野菜を1日に350g食べることを推奨しています。農林水産省では果物を、1日200g食べることを推奨しています。

青汁は、野菜不足を解消するサポートになります。青汁を選ぶ時は、何種類の野菜や果物が使用されているかチェックしてください。多いほど豊富な栄養が補えます。

青汁を飲みやすくするため、砂糖や人工甘味料を使っている商品もあります。ダイエット目的の場合は、人工甘味料を使用していない商品や、カロリーが低いものを選ぶようにしましょう。
目安として、一杯あたりのカロリーが10kcal程で、人工甘味料を使っていない青汁が良いでしょう。果物そのままの甘さを生かしたフルーツ青汁もあります。

青汁は、毎日飲み続けることが前提です。しかし、商品によってそれぞれ味も異なります。気になる青汁があれば、口コミを調べて、場合によってはお試しや試飲会を利用してみるのもおすすめできます。

また、価格の高い青汁だからと言って、効果があるというわけではありません。高価格が理由となって、飲み続けられなければ意味がありません。葉野菜が入っていなければ意味はありませんが、できるだけ安い青汁を選ぶことも飲み続けるためには必要です。

【管理栄養士監修】今おすすめできる青汁をランキングにしました。

管理栄養士さんの監修の元、今おすすめできる青汁をランキングにしました。

ダイエットの栄養サポートで青汁を飲む時、たった1日飲んだだけでは意味がありません。出来るだけ毎日継続してこそ意味があります。

ただ、続けたくても美味しくなければ続きません。

ただでさえ青汁は、まずい。とか罰ゲームのイメージがあるもの。

しかし、最近の青汁は味や飲みやすさに工夫がされており、飲みやすく美味しいものも増えています。

飲みやすさというのは本当に難しいですよね。味の好みは人それぞれ違いますし。

近々当サイトのユーザーさんに声をかけて、青汁パーティーをしてみたいのですが、編集部の力不足もあってもう少し実現には時間がかかりそうです。

そこで今回は編集部のみんなで青汁を飲み比べて、独断と偏見でランキングを作成することにしました。

編集部6名の独断と偏見によりそれぞれの商品を5段階評価で点数化しました。

満点は30点。

編集部が実際に青汁を飲んでみた、リアルな口コミも公開します。

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁『キトサン』

企業名 大正製薬株式会社
商品名 ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン
通常価格 4,104円(税込)
定期初回お試し価格 1,058円(税込)
内容量 30包/1日1~3包
原材料 大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンには、大麦若葉が使用されています。

配合されているキトサンには、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、コレステロールが気になっていてダイエットをしている方には特におすすめの青汁です。

28/30点

編集部の口コミ

 Good。 5点

40代男性 今まで飲んだ中で一番飲みやすいかも。

メタボ気味なので、キトサン配合はありがたい。続けるならこれかな?

 Good。 5点

30代女性 大正製薬の難消化性デキストリンより粉っぽい気がする。

もっと抹茶感が強い?でも食事中ならこれかな?

 Good。 5点

20代女性 私は大正難消化性デキストリンとの味の差がわかりませんw

でもとりあえず本当、青汁とは思えないくらい美味しい。

 Good。 4点

30代男性 緑茶みたいな風味と味わいで飲みやすい。

 Good。 5点

20代男性 少し苦いが後味はすっきりしてる。

とはいえすごく苦いわけでもなく、全然飲みやすい。

 Good。 4点

20代男性 くせが全くないが少し苦い?でも気にならない。

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁『難消化性デキストリン』

企業名 株式会社大正製薬
商品名 ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリン
通常価格 4,104円(税込)
定期初回お試し価格 1,058円(税込)
内容量 30包/1日1~3包
原材料 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンには、その名の通り大麦若葉が原料として使用されています。

もちろんおすすめの青汁ではあるのですが、1種類というのが少し気になりますね。

ただ、糖の吸収を穏やかにする難消化性デキストリンが配合されているトクホの青汁というのはポイント高しです。

血糖値や中性脂肪が気になっている方にもおすすめです。

企業名 株式会社大正製薬 商品名 ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリン 通常価格 4,104円(税込) 定期初回お試し価格 1,058円(税込) 内容量 30包/1日1~3包 追加の成分 難消化性デキストリン

27/30点

編集部の口コミ

 Good。 4点

40代男性 毎日飲めそう。ムリする感じはない。のどごしスッキリ。

 Good。 5点

30代女性 あと味もスッキリ。

高速パーキングのお茶みたいな味。何杯でも飲めそう。青汁って言われると気づかないくらい美味しい。

 Good。 5点

20代女性 美味しい。

味はすごく好みで飲みやすいけど粉がちょっと溶けづらい?

 Good。 4点

30代男性 粉が溶けにくい。マドラーだとうまく混ざらない。

味は美味しい。食事の邪魔をしなさそう。緑茶みたい。

 Good。 5点

20代男性 においがなくて飲みやすい。お茶感覚だけど、後味に苦味が少しある。

 Good。 4点

20代男性 お茶みたいで飲みやすいけど少し粉っぽい、スッキリとした飲み口。

大正製薬 ヘルスマネージ『乳酸菌青汁』

企業名 株式会社大正製薬
商品名 ヘルスマネージ乳酸菌青汁
通常価格 3,888円(税込)
定期初回お試し価格 1,058円(税込)
内容量 30包/1日1~3包
原材料 大麦若葉(九州産)、ポリデキストロース、難消化性デキストリン、還元麦芽糖、抹茶、ゴボウ末、キダチアロエ末、ゴマ末、キャベツ発酵エキス、乳酸菌末(殺菌)(乳成分を含む)、ビフィズス菌末(殺菌)、植物性乳酸菌末(殺菌)/増粘多糖類

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁には、大麦若葉が原料として使われており、ダイエット時の栄養をしっかりサポートしてくれます。

さらに乳酸菌、乳酸菌のエサとなる不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をダブルで配合。自然な感じのお通じを目指したい方にも。

企業名 株式会社大正製薬 商品名 ヘルスマネージ乳酸菌青汁 通常価格 3,888円(税込) 定期初回お試し価格 1,058円(税込) 内容量 30包/1日1~3包 追加の成分 乳酸菌

26/30点

編集部の口コミ

 Good。 4.5点

40代男性 美味しい。ちょっと濃い感じだけどにおいが少ない。

青汁と乳酸菌が一緒にとれるって考えると、お得感がある。

 Good。 4.5点

30代女性 味が全然しない。ちょっと粉っぽい水。 後味スッキリで、爽やかな感じ。臭いも気にならない。

ただ味の好みで言うと他の大正の青汁の方が、抹茶感があって美味しいかも。

 Good。 5点

20代女性 美味しい。すっきりしてて本当青汁臭さがない。

 Good。 4点

30代男性 美味しい。でも粉っぽい。

水って感じ。味がないような?でも美味しい。

 Good。 4点

20代男性 粉っぽい水のような。スッキリしていて飲みやすい。

 Good。 4点

40代男性 無味無臭。飲みやすい。

青汁くささに抵抗がある人には特におすすめかも。

ホコニコのこだわり酵素青汁

企業名 株式会社grateful
商品名 ホコニコのこだわり酵素青汁
通常価格 5,184円(税込)
初回価格 1,058円(税込)
内容量 30包/1日1包~
原材料 大麦若葉粉末、加工黒糖、ハニーパウダー(デキストリン、はちみつ)、オリゴ糖、難消化性デキストリン、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、明日葉粉末、桑の葉粉末、ケール粉末、植物発酵エキス末{デキストリン、野草発酵エキス(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)}、植物発酵エキス末(デキストリン、糖類、野草エキス、果物エキス、野菜エキス、海藻エキス)、乾燥生菌粉末 (一部に小麦、やまいも、りんごを含む)

ホコニコのこだわり酵素青汁は大麦若葉、ケール、明日葉の3つの全てが揃った青汁です。

その他にも、栄養満点の植物発酵エキスや多穀麹由来の生酵素を配合しており、ダイエットだけでなく幅広いニーズに期待できます。

18/30点

編集部の口コミ

 Bad。 3点

40代男性 臭いが青臭くてきつい。味も苦い。

 SOSO。 3点

30代女性 うっすーーーいソース?の味。

甘みがあるからゆっくりは飲めるが美味しくない。

 Bad。 2点

20代女性 発酵した臭いがする、最初甘いけど後味が苦い、草臭い。これは好み別れるかも。

 Bad。 3点

30代男性 自分には甘すぎるかな。溶けづらいのとめちゃ粉っぽいのが気になる。口の中に残る味が苦手・・・

 Good。 4点

20代男性 畳っぽい味。(?)後味がすこし甘い。

苦手な人もいそうだけど、僕は好き。

 SOSO。 3点

20代男性 甘みがあるが、後味がケミカルっぽい。まあ飲めるけど。

青汁を選ぶ時は価格が安いことと飲みやすいことを重視する

ダイエットはどんな基準で選べば良いのでしょうか?

編集部が考える、青汁を選ぶ際におすすめのポイントは4つ。

  • 大麦若葉、明日葉、ケールが配合されていること。
  • 追加されている栄養素を確認する。
  • 価格が安いこと。
  • 味が飲みやすいこと

この4つのポイントと総合力で、ランキングを作成しました。

青汁といっても、商品によって使用している原材料は違います。

しかし、ダイエット時の栄誉補給としてぜひ取り入れたい原材料は以下の3つ。

大麦若葉は、SOD酵素や体の様々な機能に不可欠なビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。

ケールはその豊富な栄養素から野菜の王様と呼ばれることもあるほどです。

特に、骨や歯のもととなるカルシウム、皮膚や粘膜に必要なβカロテン、ルテイン等を多く含んでいます。

明日葉もケールに負けず劣らず栄養価の高い素材です。

細胞が作られる時に必要な栄養素である、葉酸が豊富含まれています。

明日葉の葉や茎を切ったときににじみ出る黄色い汁がでます。

これは、カルコンといって、植物では明日葉にしか含まれないポリフェノール類の一種です。

この他にも、この3つの素材には、共通してダイエットサポートにおすすめの様々な栄養素が含まれています。

食物繊維は自然な感じのお通じに必須の栄養素です。

食物繊維は腸を刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう)により、お腹の中に溜まった便をスムーズに排出するのに活躍します。

ですから、満足なお通じとは言えないといった方にもおすすめです。

ダイエット中は何かと我慢が多くなり、ストレスも知らず知らずのうちに溜まりがちです。

実はストレスが溜まるとビタミンCが大量に消費されます。ビタミンCも沢山含まれていますので補うこともできます。

また美肌も期待でき、ダイエットしながらきれいを目指せます。

カリウムは体内の水分量を調整し、余分な塩分を排出します。余計な水分を溜めないことも大切です。

カルシウムは、普段から不足しがちなミネラルの一つです。ダイエットによりストレス負荷が上がることでストレスホルモンが生じます。

その結果、尿としてカルシウムが排泄されてしまいます。特にダイエット中は何かとストレスを抱えやすいもの。そんなカルシウムを補ってくれます。

ダイエット中はどうしても、鉄分を多く含むお肉などを控えがちです。

これらの原材料には血液の成分であるヘモグロビンをつくる鉄が多く含まれています。

βカロテンは、ビタミンAになる成分です。ビタミンAには皮膚や粘膜を丈夫にしながら負けない体をサポートしてくれる栄養素です。

ダイエットで栄養が偏りがちになった時も、しっかりサポートしてくれます。

ダイエット時の栄養サポートのために青汁を飲むのであれば、明日葉・ケール・大麦若葉がちゃんと使われているかどうか確認してみてください。

出来るだけ栄養価の高い素材が使われているものを選び、より効率よく栄養が摂れるようにしましょう。

青汁は毎日飲むものだからこそ、価格は誰しもが気になるところですよね。

いくら青汁が栄養豊富といってもたった数回飲むだけではほとんど意味がありません。

とはいえ、無理をして青汁を買い続けることは経済的にもきびしいですよね。

そのため、青汁のお値段も選び方のポイントになってきます。

こだわりの原料や魅力的な成分が入っている青汁を奮発して買ったはいいものの、高すぎて飲み続けられなければ本末転倒です。

もちろん安いから栄養価が低いというわけではありません。

安いからと言って意味がない訳ではありませんから、低予算でも続けられる青汁を探してみてください。